高学歴の学生に勝つにはビズリーチキャンパスなどでOB訪問が必要

希望の企業を見つけるとき、就職活動しているとき、企業がどういう企業かを知りたいと思ったことがありませんか。

また、希望の企業に内定し、いざ働いてみると想像した内容とちょっと違うなということはありませんか。

終身雇用が崩れ、ひとつの企業に長く勤めることが少ない風潮がありますが、自分自身のキャリア形成においても一番最初に入社する企業はとても重要になってきます。

聞きたいことはたくさんあるけど、企業の人事担当者には聞きづらい内容もあるはずです。

もっと気軽にいろんなことが聞けたらな、企業のウェブサイトや口コミサイトではなく、現場で働く人の生の声が聞けたらどんなにいいかと感じたことはないですか。

そんなときに、お奨めしたいのがビスリーチキャンパスです。

ビズリーチキャンパスを使えばOB・OG訪問がスムーズで簡単

ビズリーチキャンパスを使えばOB・OG訪問がスムーズで簡単

ビスリーチキャンパスは、学生とその学生が通っていた学校の卒業生であるOB、OGを結びます。

具体的にはFaceBookを使います。

ビズリーチキャンパスのサイトからFacebookと登録します。

現役の学生、卒業生で登録するサイトが分かれており、それぞれで登録します。

登録は無料で、就職活動をする前の1・2年生でも利用できます。

基本的なアプローチは学生からになります。

同じ大学を卒業したOB、OGから気になる人を選択し、訪問依頼のメールを送付します。

訪問依頼メールを受信したOB、OGは送られてきたメールを承認をして、学生にメールを返信します。

あとは、訪問日時を決めるというものです。

OB、OG訪問自体は学校に依頼してもアポイント取りを行ってくれますが、学生とOB、OGの間に学校が入るために訪問日時の確定まで時間がかかります。

ビズリーチキャンパスだと学生とOB、OGが直接やり取りを行うため、訪問日時確定までの日数がスムーズです。

OB、OGのプロフィールとして、卒業大学の情報、勤務先、所属部署、仕事内容、前職も確認できます。

勤務先企業が同じでも、所属部署によっては雰囲気や仕事の内容が異なりますので、企業情報として所属部署の情報もあるとより実際に入社後のイメージがしやすいはずです。

OB・OGも協力的で安心

中には気持ちよくOB、OGが会ってくれるのか、面倒くさがっていないのかという不安のある方もいるはずです。

そもそもそんな心配は不要です。

このビズリーチキャンパスに登録していること自体、現役の学生からの訪問を承諾していますし、OB、OGも就職活動でいろいろ苦労したはずなので、この経験を伝えたいと思っている人は少なくありません。

OB、OGも現役の学生からも刺激を受けることがあり、自分が行っている仕事や社会的意義を見直すいい機会になります。

不思議なことに同じ大学出身というだけで、自分の母校の後輩と他の学校の後輩では思い入れも違ってきます。

より熱心に教えてくれること間違いなしです。

利用できる大学は限られているので注意

利用できる大学は限られているので注意

ただし、注意点もあります。

このサイトが利用できる人の最終学歴は大学となります。

そのために、短期大学、専門学校、高等学校は含まれていません。

さらにどの大学でも登録可能かというとそういうわけではありません。

登録できる大学は限られた大学になります。

しかし、OB、OGの協力が得られた段階で順次サービスを開始していく予定となっています。

現在も少しずつ利用可能な大学は増えています。

OB、OGの方の協力は必要です。

母校の後輩のために社会人としての経験を伝えたいと思いませんか。

まずは登録だけでも行ってみてはいかがでしょうか。

最後に、学生にとっても貴重な経験となりますし、社会人として働くOB、OGにとっても有意義や経験になるはずです。

企業にとっても、入社後のギャップを埋めるにはいい機会ですので、積極的に利用してはいかがでしょうか。

姉妹サイトとして、ニクリーチ というものもあります。

こちらは腹ペコの学生に、お肉をタダでご馳走してくれる太っ腹企画もありますので、参考にしてください。