新卒の転職術

【第二新卒転職の失敗体験談から学ぶ】転職に失敗しない方法

更新日:

【第二新卒転職の失敗体験談から学ぶ】転職に失敗しない方法

毎日仕事に行くのが憂鬱になっていませんか?

「でも入社したばかりだし、とりあえず3カ月?半年?は続けないといけないのかな」

「そもそも自分がやりたい事ってなんだったのかな」

「スキルもないのに転職して、うまくいくのかな」

そうモヤモヤと悩んでいる第二新卒の方。

失敗体験談から学ぶ、失敗しない方法をお伝えします。

ぜひ、参考にしてみてください。

仕事を辞めるのか、その見極め

よく新卒で退職を検討している方から聞くのが、「とりあえず3カ月続けてみる」や「1年耐えてみる」という言葉です。

確かに、慣れてもいない仕事を、たった何か月かで見極めるのは早いと思います。

しかし、とりあえず〇カ月、や「耐えて」みる、という考え方はよくありません。

なぜなら、その時間を無駄にしてしまうからです。

自ら何か学ぼうという意思がなくては、「とりあえず」会社にいたところで、あなた自身の何のスキルにもなりません。

利益も大して生まずに、ただただ会社にいるだけ。

「とりあえず1年耐えたけどやっぱり嫌だから転職しようか」

そんな人は、次の会社に行っても同じように退職するでしょう。

とりあえず続けるのではなく、まず自分の目の前にある仕事・業務を一生懸命にこなしてみてください

何かやり遂げた後、達成感を感じたのであれば、きっと今の仕事にやりがいを見つけることができるはずです。

どれだけ一生懸命に仕事をしても、ストレスがたまる一方なのであれば、その職種が向いていないのかもしれませんし、職場環境があなたに合っていないのかもしれません。

小さなことでもいいのです。

何かしら自分の中で仕事の目標を見つけて、達成させましょう。

そのときの自分のモチベーションが上がっていなければ、転職すべきです。

失敗談から学ぶ、転職のコツ

失敗談から学ぶ、転職のコツ

転職しようと決意したものの、すぐに転職できるわけではありません。

いくら新卒が売り手市場だからと言って、転職活動は甘くないのです。

二つの失敗談をもとに、転職のコツをお伝えします。

転職の失敗談

A子は、某アパレルメーカーに新卒で入社しました。

しかし、女性ばかりの環境で周りになじめず、入社して半年で退職しました。

けれど無職というわけにもいかないので、A子は様々な業種の面接を受けました。

大学時代に使っていた、履歴書・面接マニュアルをもとに志望動機や自己PRを伝えましたが、なかなか全く上手くいきません。

そんな時、某企業の面接で、面接官にこう言われました。

君は何がしたくてこの会社に就職したいのですか?

A子は即座に答えることができませんでした。

B男は某商社の営業として新卒で入社しました。

大都会でバリバリの営業マン、数字を上げたらそれだけ給与が上がる。

憧れの商社勤めで、やる気のあったB男は、同期の誰よりも努力をしました。

するとすぐに結果も出て、期待の新人と言われるほどでした。

しかし、順風満帆かと思いきや、B男の足を引っ張る存在が出てきました。

親身になってくれていると思っていた先輩が、B男の数字を自分のものにしたのです。

会社の体制を信用できなくなったB男は退職し、転職活動を始めました。

面接で、前職でのくやしかったことを話し、自分の営業力の高さ、そして即戦力になることを伝えました。

しかしB男は面接で落とされてしまいました。

1社、2社、3社・・と落とされてしまい、B男は働く意欲すらなくしてしまい、故郷に帰ることとなったのです。

失敗しないためには?

A子とB男はなぜ転職活動に失敗してしまったのでしょうか。

二人に共通して言えるのが、「その会社の志望動機が明確になっていない」ということです。

A子は、職場環境を変えたくて、転職活動をしていました。

業種も職種もバラバラ、転職サイトで見て、職場の雰囲気が楽しそうだな、ただそれだけの理由で面接を受けていたのです。

「何がしたい」が明確になっていないので、志望動機もマニュアル通りのものになってしまいます。

A子自身の言葉で、動機を伝えることができなかったのです。

B男は会社に不信感を抱いて退職、転職活動を始めました。

面接では、過去に自分がどれだけの努力をしたのか、このくやしさをバネにどうしていきたいのか、熱意を持って伝えたはずです。

しかし、会社はあなたのやりたいことを叶える場所ではありません。

会社に勤めるということは、どれだけ会社の利益に貢献できるかが求められます。

ですので、面接で自己PRばかりを語られても、企業側は困ります。

この会社でどうなりたいと考えて面接を受けているのか、が知りたいのです。

転職を成功させるには

転職を成功させるには、まずは受ける会社のことをよく知ることが大事です。

大学で就職活動をしているとき、何十社も受けた経験はありませんか?

売り手市場に昨今、何社かから内定をもらって、自分で選んで会社を決めた人もいるでしょう。

しかし、今あなたは第二新卒なのです。

多数の企業から内定をもらう、なんてことはあまりないと考えていてください。

一度目で失敗したからこそ、二度目の就職の時には、きちんとした「この会社に入りたい理由」を持っていないと、また退職することになりかねません。

そして、採用する企業側も、その理由が明確になっている人材を求めています。

なので、やみくもに受けるのではなく、転職サイトできちんと企業分析・比較をし、自分がその会社でどういうことをしたいのか、どうなっていきたいのか、考えたうえで面接を受けましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

ただ今の状況から逃げたい、そんな理由で退職しても、転職活動はうまくいきません。

たとえスキルがなくても、この会社でこうなりたいのだ、というビジョンがあれば、企業側からは好印象が持たれます。

むしろ、第二新卒にスキルはさほど期待をしていないので、その「熱意」が大事なのです。

転職サイトでは、様々な企業の先輩社員の声や、特徴を比較して閲覧することができます。

ぜひ活用して、自分に合う会社を見つけましょう。

無料で転職相談ができます

仕事を辞めたいけど辞められない。

それなら、転職のプロに相談して少しでも心を軽くしませんか?

相談だけでも大丈夫、一切お金はかかりません。

>> 20代の相談はこちら

>> 30代の相談はこちら

今読まれている記事

成功率大幅アップ!新卒のための転職エージェントランキング 1

初めて転職をする新卒が、他のライバルに負けず自分に合った会社を転職先を見つけるためには、転職エージェントの利用は必要不可欠です。 僕も初めての転職で不安が多く、「またブラック企業に入社してしまうのでは ...

仕事辞めたいけど辞められない新卒へ 2

「仕事辞めたいけど、辞められない」 それは、あなたがそう思っているからです。 転職に向けて一歩でも足を踏み出せば、仕事を辞めることは難しいことではありません。 スポンサードリンク 見出し1 転職活動を ...

健康面について 3

「仕事を辞めたい!」 「もう限界だ!」 そう悩み続けて仕事を辞めるタイミングがつかめなくなってしまったら、新卒はどうなってしまうのでしょうか? スポンサードリンク 見出し1 仕事を辞めたいと悩み続ける ...

ヤバイ会社や仕事からは逃げることも重要 4

僕の勤めていた会社が本当にヤバかったので、何度も何度も仕事を辞めようと思いました。 正直いって、僕のいた会社はひどすぎたので参考になるかはわかりません。 ですが、新卒で仕事を辞めることに後ろめたさや不 ...

【新卒の転職体験談】最悪『死ぬわけでもありません。』24歳女性、パワハラ上司からの脱出 5

今年もゴールデンウィークがやってきましたね。 社会人になってからはよりワクワクする大型連休ですが、転職してさほど不満なく仕事ができている僕でもゴールデンウィーク明けはやや憂鬱です。 転職する前、新卒で ...

-新卒の転職術

仕事を辞めたい新卒必見!今すぐ仕事を辞めたい人へ!のトップページに戻る

Copyright© 仕事を辞めたい新卒必見!今すぐ仕事を辞めたい人へ! , 2018 AllRights Reserved.