OB訪問やOG訪問とともに、就活生の中にはインターンシップをする人も多いですよね。

ぼくが学生の頃は、インターンシップをする就活生は少数でしたが、最近は割と定番化してきているようです。

そしてOB訪問やOG訪問も、積極的におこなう学生は増えつつあります。

ただし、OBやOGを訪問するのもインターンシップに行くのも、拘束時間が長くて面倒なのは間違いありません。

一応OB訪問やOG訪問に関しては、ビズリーチキャンパスのおかげで、ずいぶんラクになりましたけどね。

OB訪問やOG訪問とインターンシップはどっちも必要なの?き?

それでも両方ともおこなうのは、就活生にとっても大変です。

そこで、どちらも必ず就活生にとっては必要なのか? 一つだけ選ぶなら、OBOG訪問とインターンシップではどちらが重要なのか?

内定GETにおいては気になる情報だと思うので、就活生はぜひ一度チェックしてみてくださいね。

そもそもインターンシップとは?

インターンシップとは数日〜数ヶ月にわたる、主に大学生に向けた就業体験のことです。

実際に参加することで、職場の雰囲気や業界の現場が知れる貴重な機会といえます。

また、内定直結インターンシップというのもあり、こちらは実力が評価されれば、そのまま内定をもらえることもあります。

ただしインターンシップは、参加してお給料をもらえるかどうかは企業次第です。

アルバイトとインターンシップは混同されがちですが、ここが最も大きな違いとなります。

ですので悪質な企業によっては、労働力としてこき使うだけで終わりにされることもあります。

少なくとも、参加する前には評判を調べておくのが必須と言えるでしょう。

ただしインターンシップは、会社や業界のことを知る為にも就活生にとってはいい経験になります。

ですので、やってみたい仕事や就職したい企業が決まってなくても、参加する価値はあると思いますよ。

インターンシップとOB/OG訪問はどっちもした方がいい?

インターンシップとOB/OG訪問で、どっちもやった方がいいのか? と、迷っている学生はいると思います。

ぼくも学生時代「どこまでやれば良いんだ?」と迷いましたが、余裕があるなら両方やっておいて損はありません。

インターンシップとOB訪問やOG訪問はどちらもした方がいい?

インターンシップには、就業体験という大きな経験ができるメリットがあり、上手くいけば内定のチャンスも貰えます。

そしてOBやOGを訪問するのは、聞きにくい話を直接聞けるというメリットがあります。

ただしこれまでは、時間がかかり過ぎることが問題で、両方を実現するのはとても大変でした。

しかしビズリーチキャンパスのように、OB訪問が簡単にできるサービスの登場で、社会人の先輩を訪問するのは簡単になりました。

ですので今となっては、やろうと思えば両方を実現するのは難しくありません。

働いてみたい企業や業界が明確で、それに当てはまる企業でインターンシップの募集があるなら参加してみるのはアリですよ。

もちろんインターンシップより手軽にできる、OB訪問やOG訪問は必須ですけどね。

インターンシップとOB/OG訪問はどっちがオススメ?

仮に1つだけを選ぶとするなら、ぼくは確実にOB訪問を選んでいます。

理由は下記の3つです。

  1. ビズリーチキャンパスを使えば、インターンシップより手軽。
  2. インターンシップより本音が聞きやすい。
  3. 多くの先輩に会えて人脈も増やしやすい。

もちろんインターンシップも内定に直結する可能性があり、悪くない就活のスタイルだと思います。

しかし費用対効果で考えた場合、明らかにOB訪問やOG訪問の方が良いと感じています。

一昔前まではOB訪問やOG訪問は手間がかかり、非常に大変で今ほど費用対効果は高くなかったんですけどね・・・

ビズリーチキャンパスなどの登場で、それは大きく変わりました。

今はインターンシップと同じ時間をかければ、OB/OG訪問の方が同じ時間で、多くの先輩に会えて、多くの話が聞けて、多くのコネが作れます。

ただし、働いてみたい企業や業界が明確な場合は、インターンシップを利用するのは大アリです。

その場合は両方ともやってみるのが正解かもしれません。

いずれにせよ、これだけ簡単になったOB/OG訪問を就活生がしないのは、もったいなすぎますよ。

今まさに就活をしている大学生は、ビズリーチキャンパスなどのサービスを使って、OB訪問やOG訪問を積極的にやってみてくださいね。

必ずあとになってみれば、良かったと思えるはずですよ。