仕事を辞める前に覚えておくこと

退職願と退職届と辞表の違い

更新日:

退職願と退職届と辞表の違い

退職願と退職届と辞表ってどれも同じだと思いますよね?

すべて辞める時に登場するものですが、実は使いどころが微妙に違うんです。

退職願と退職届と辞表の違いをまとめましたので、知っておくといいかもしれませんよ。

退職願と退職届と辞表の違いは?

退職願

「仕事を辞めたいんですけど・・・」という時に提出するもの。

退職願を提出して仕事を辞めるには、基本的に会社の承諾が必要です。

なので、提出した時点では退職は確定してません。

「やっぱり辞めたくない!」となっても、退職願なら撤回することができます

一般的に仕事を辞める時に提出するのは、この退職願です。

退職届

「問答無用で仕事辞めます!」という言い切りの時に提出するもの。

退職願より、意思表示が強く、退職届を受け取ってもらった時点で退職が確定します。

ただし、特別な事情でもない限り撤回することはできません

辞表

役員や公務員など、役職がある人が仕事を辞める時に提出するものです。

まとめると、退職願と退職届と辞表の違いは、意思表示の強さや立場にあるようですね。

新卒が仕事を辞めたい時には「退職願」

新卒が仕事を辞めたい時に提出するのは「退職願」です。

退職届の「仕事を辞めます!」という一方的な意思表示より、退職届の「仕事を辞めたいのでよろしくお願いします」というような柔らかい感じの方が、円満退社を心がけたい新卒に向いていると思います。

一文字違うだけなのに、日本語って難しいですよね。

法律上は退職願や退職届や辞表を出さなくてもOK?

退職願と退職届と辞表の違いを紹介しましたが、実は法律上は、退職願や退職届や辞表を提出しなくても仕事を辞められるそうですよ。

ただし、退職の意思を伝えることは必要です。

ということで、口頭だけでも実は良いのですが、後々言った言わないが起こる可能性もありますし、書面に残したほうが会社側も助かります。

結局、退職願・退職届・辞表の提出は、社会人マナーとして必要です。

マンガのように「辞表」を出したほうが何かカッコイイなんて思ってましたが、実際に出すためにはどこかの会社の役員にならないといけないですね。

新卒が仕事を辞めたい時には、自信を持って退職願を提出しましょう。

-仕事を辞める前に覚えておくこと

Copyright© 仕事を辞めたい新卒必見!今すぐ仕事を辞めたい人へ! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.