仕事を辞める前に覚えておくこと

仕事を辞めたいという相談は誰にするべき?

投稿日:

仕事を辞めたいという相談は誰にするべき?

「仕事を辞めたい」と思い、いざ、仕事を辞める決意をした時、会社の誰に相談するべきなのか。

新卒であれば初めて仕事を辞めることになるのでわからないですよね。

結局広まるのだから誰に相談してもいいのでは?

そう思う方もいるかもしれません。

実は社会人ルールのようなもので、仕事を辞める時、誰に相談すべきかは決まっています。

仕事を辞めたいという相談は直属の上司にしよう

仕事を辞める決意をしたら、直属の上司に相談しましょう。

その時気をつけるポイントはいくつかあります。

1. 「仕事を辞める」決意を固めよう

まず、仕事を辞めたいと相談する前に、自分でしっかりと考えることが大切です。

本当に仕事を辞めたいと思っているのか、自分に問いかけます。

なぜそれが必要かというと、仕事を辞めたいと相談した時に引き止められることが多いからです。

ほとんどの会社は社員に辞めてほしくないと思っています。

採用には費用がかかっていますし、代わりの人も探さなければいけません。

あなたが仕事ができればできるほど、代わりの人を探すのは大変になります。

新卒であれば、給料も高くなく、将来有望な人材を失うかもしれないわけですから、なおさら引き止められることは多くなります。

もし、あなたが引き止められて、会社に残ることにしたとしましょう。

それでも一度辞めようとした事実は消えません

残ったところで、会社に居づらくなる可能性があります。

だから「仕事を辞めたい」と上司に相談する時は、「引き止められても辞める」という決意ができるまで相談しないほうが良いでしょう。

2. 上司と二人で話せる時間を作ろう

仕事を辞めたいと上司に相談するときに、急に「仕事を辞めたいのですが」と切りだすのはNGです。

上司も心の準備ができず、びっくりしてしまいます。

周りに誰かいる状況では誰が聞いているかわかりませんし、噂が広がっても気分がいいものではありません。

まずは、「今後のことで相談したいことがあります。どこかでお時間をいただくことは可能でしょうか?」などと切り出して、二人で話せる時間を作ってもらいましょう。

約束ととるのに、直接声をかけるタイミングがなければ、メールでも構いません。

ただし、「仕事を辞めたい」という相談自体は、必ず対面でしましょう。

3. 仕事を辞める流れを確認しよう

「仕事を辞めたい」と上司に相談して、了承を得たら、その時に仕事を辞めるための流れも確認しておきましょう。

引き継ぎや、退職願などの必要な書類がないかなどです。

ここで確認し忘れると、確認するタイミングがなかなかなく、ズルズルと辞める時期が延びてしまう可能性もあります。

同僚は上司の後、家族には先に相談しよう

同僚に仕事を辞めることを伝えるタイミングは、直属の上司に退職の了承を得てからがいいでしょう。

同僚に先に伝えてしまうと、噂が広まり、上司の耳に入る可能性があります。

社長に先に伝えるのも、上司の管理能力が問われるので辞めたほうがいいですね。

逆に家族には、上司に伝える前など、前もって相談したほうが良いと思います。

新卒では少ないと思いますが、特に結婚して家庭を支えているような人は、急に収入がなくなると家族が困ります。

「仕事を辞めたい」という相談は毅然とした態度で

「仕事を辞めたい」という相談は、気が重いかもしれません。

怖い上司だったらなおさら言いづらいですよね。

でも、「仕事を辞める」と決めるのはあなたの権利です。

毅然とした態度で、相談してくださいね。

-仕事を辞める前に覚えておくこと

Copyright© 仕事を辞めたい新卒必見!今すぐ仕事を辞めたい人へ! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.