新卒にまつわる雑学や豆知識

「石の上にも三年」は転職にはあてはまらない

更新日:

「石の上にも三年」は転職にはあてはまらない

新卒時代、ブラック企業につとめていた頃、仕事を辞めたいと先輩に相談した時言われた言葉があります。

「石に上にも三年というだろ。とりあえず三年働いてみろ」

もしかしたらあなたも誰かに言われたことがあるかもしれませんね。

僕にはこの言葉が、転職にはあてはまらないんじゃないかと思います。

石の上にも三年とは?

そもそも「石の上にも三年」とは、「つらくても我慢し続ければいつかは成し遂げられる」ということわざです。

確かに何かを成し遂げたい時にすぐに諦めては何も成し遂げることはできません。

達成のためには長い間我慢しつづけ、努力しなければいけないこともあると思います。

例えば、スポーツ選手なんかはいい例で、金メダルを取るためにどんなにつらくても努力をし続けます。

東大に入学するために浪人してもあきらめず勉強し続け、見事合格する人もいるでしょう。

転職で「石の上にも三年」はなんかおかしい

転職で「石の上にも三年」はなんかおかしい

「石の上にも三年」という言葉は、三年我慢すれば成功できるという意味ではありません。

あくまで「我慢し続ければ、いつかは身につく」というようなニュアンスです。

転職する時に引っかかるフレーズの「とりあえず3年」は「石の上にも三年」の意味から考えると、まったく根拠がないのです。

ブラック企業で「石の上にも三年」を勘違いすると危険

あなたがもし今ブラック企業につとめていて、「石の上にも三年」の言葉の意味に勘違いし「とりあえず3年」と思っているなら、ちょっと危険かもしれません。

なぜなら、ブラック企業で3年も働き続けているとそのひどい環境にさえ慣れ、感覚がマヒしてしまう可能性があるからです。

それに3年という期間は、辛い労働環境で体に不調がでてくる期間としても十分です。

実際、僕の知人で入社時健康診断の結果がAだった人が勤続3年後にはE判定(要検査)という人がいました。

さらに、学校卒業後3年を過ぎると第二新卒の枠からも外れてしまう可能性もあり、そうなるとキャリアチェンジしにくくなります。

他にやりたい仕事があるなら、3年我慢してまで身につける必要性は低いでしょう。

仕事を辞めたい新卒は第二新卒のうちに転職しよう

3年以内に新卒が仕事を辞めたからといって、転職で大きく不利になることはありません。

むしろ第二新卒を採用したい企業は増えています。

仕事を辞めたいけど、「石の上に三年ってことわざもあるし、とりあえず3年は働かないと」と思って仕事を辞めることができない新卒は、第二新卒のうちに転職したほうが良いかもしれません。

-新卒にまつわる雑学や豆知識

Copyright© 仕事を辞めたい新卒必見!今すぐ仕事を辞めたい人へ! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.