新卒の転職術

【明日にでも仕事を辞めたい新卒向け】なるべく早く仕事を辞める方法

投稿日:

【明日にでも仕事を辞めたい新卒向け】なるべく早く仕事を辞める方法

希望を持って新卒入社したのに、

「仕事内容が説明されていたのと違う」

「人間関係がギスギスしすぎ」

「サービス残業ばっかり」

「聞いていた話と全然違う!」

もしそんな状態であるならば、そんな仕事はとっとと辞めるのが正解です。

例え今の職場の人が、

「どこもみんなこんなもの」

「他よりまし」

「これくらい耐えられないようじゃほかでもやっていけないぞ」

と言っていたとしても、それはあなたを脅すためのでまかせでしかありません。

世の中にはもっと働く人を大切にしてくれる、きちんとした企業がたくさんあります。

ここでは、あなたが次の素敵な仕事に就くための、かしこい仕事の辞め方を紹介します。

明日にでも仕事をやめたい!すべきことは?

「仕事をやめたい、だから明日から仕事にはいかないぞ!」

そう思う方もいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

気持ちはよくわかりますが、それでは自分へのデメリットが大きすぎるんです。

日本には下記のような法律があります。

第627条
 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:神戸合同法律事務所

つまり、辞めると伝えてから14日経過しないと正規に辞めることはできません。(やむを得ない事情がある場合は別)

もし、これを破ってしまうと会社から訴えられる可能もゼロではありません。

「どうでもいいから辞めたい」と思っていても、そんなブラックな会社のために自分が損するのは悔しいですよね。

また、これとは別に雇用契約書で『退職を希望する場合、1ヶ月以上前に申し出るように』と記載されている場合もあります。

これを破ると就業規則違反で、やはりこちらの不利になってしまいます。

辞める準備のために、まず雇用契約書は一度しっかり確認しておきましょう。

読んだうえで退職の規則を守りつつ仕事を辞めるのが、無駄な争いを避け、転職をスムーズにすすめるために得策となります。

円満退職はメリットが多い

円満退職はメリットが多い

バックレだけはやめよう

「退職手続きとかめんどくさいし、明日からバックレちゃおうか?」

もしそう思っているなら、それは危険です!

バックレると大きなデメリットが発生します。

それが『懲戒免職』というもの。

無断欠席を2週間続けると、会社は対象者を懲戒免職にする権利があります。

これ、本当に不名誉なことで、懲戒免職になったことがバレるとまず再就職は不可能です。

隠そうとしても離職票や退職証明書を提出しなければならなくなったときに、必ずバレます。

そうするとせっかく転職先が決まっても、採用をなかったことにされます。

普通に辞めれば退職金が貰える可能性がありますし、転職活動にデメリットはありません。

バックレだけは絶対にやめましょう。

備品は必ず返却しよう

借りている備品、特にIDカードなどを返さないと「業務上横領罪」といって窃盗犯になります。

どちらにしても、辞める前に一度は返却等、もろもろの清算に会社に行かなくてはいけないでしょう。

それすらもイヤだというならば郵送することも可。

その場合、『内容証明郵便』というものを利用し、証明書は大切に保管しましょう。

どうしても明日会社に行きたくないならば、体調不良ということで1日休んでみるのも手です。

休んで嫌味を言われるのが怖くても、もう辞めるなら関係ないですよ。

心の疲労も、立派な体調不良です。

休んで心の調子を整えて、前向きに退職活動をしてみましょう。

退職準備と転職方法

退職準備と転職方法

退職準備で一番必要なこと

仕事を辞めると決めたら、さっそく準備に取り掛かりましょう。

しかし、最初にやるべきことは退職願を出すことではありません。

最優先すべきは次の仕事を決めることです。

「もう仕事をしたくない」「しばらく休みたい」と思うかもしれませんが、一度ブランクが出来てしまうと転職がしにくくなってしまいます。

生活し遊ぶためにもお金は必要です。

まずは転職先を決めてから退職し、次の会社へ入社するまでの期間を2週間程度とるのがオススメです。

そのほうがお金の心配や転職に対する心配もなく、心の余裕をもってゆっくり休めます。

しかし、「転職先が決まるまで耐えられない」「今の会社では転職活動をする時間も気力もない」という時もあると思います。

そういう時は、スッパリ仕事を辞めるだけでも良いでしょう。

仕事を辞めてから転職活動をする方が転職は難しくなりますが、ブランクの理由を上手に伝えれば採用してくれる会社は必ずあります。

転職に必須の転職エージェントについて

転職方法としては、転職エージェントを使うのが一般的、かつ一番簡単な方法です。

自分で求人を探すと各会社の採用情報を見たり、個別に申し込んだりだと手間がかかりすぎます。

働きながら自力で転職活動をするのは非効率のため、転職エージェントを利用する人がほとんどというわけです。

転職エージェントを使えば、自分の希望や経験に合う会社を代わりに探してくれますし、一括で申し込むこともできます。

面倒な面接日の調整や給料交渉はしてくれますし、会社ごとに適切な書類対策・面接対策のアドバイスもしてもらえます。

すべてのサービスが無料で受けられるため、使わない手はありません。

適正診断をうけれるところがいい、面接対策をしっかりしてくれるところがいい、この職種の求人が多いところがいい、時間がないからなるべくネット上で完結できるものなど、自分の希望や条件に合わせて利用しやすい転職エージェントを選びましょう。

オススメの転職エージェント

「どこを利用したらいいのかわからない」

「とりあえずどんな転職エージェントがあるのか知りたい」

という人は、下記にオススメの転職エージェントをまとめてますので参考にしてください。

(転職サポート実績、第二新卒向け求人数、求人の質、サービス、満足度、口コミなど総合的に評価しランキングにしています)

成功率大幅アップ!新卒のための転職エージェントランキング

上記の転職エージェントのサポートはかなり手厚いです。

「転職ってそんな難しくないんだな」ってわかるだけでも、気分がラクになりますよ。

当サイトは、現在「転職情報」に関するブログランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

今読まれている記事

成功率大幅アップ!新卒のための転職エージェントランキング 1

初めて転職をする新卒が、他のライバルに負けず自分に合った会社を転職先を見つけるためには、転職エージェントの利用は必要不可欠です。 僕も初めての転職で不安が多く、「またブラック企業に入社してしまうのでは ...

健康面について 2

「仕事を辞めたい!」 「もう限界だ!」 そう悩み続けて仕事を辞めるタイミングがつかめなくなってしまったら、新卒はどうなってしまうのでしょうか? スポンサードリンク 見出し1 仕事を辞めたいと悩み続ける ...

ヤバイ会社や仕事からは逃げることも重要 3

僕の勤めていた会社が本当にヤバかったので、何度も何度も仕事を辞めようと思いました。 正直いって、僕のいた会社はひどすぎたので参考になるかはわかりません。 ですが、新卒で仕事を辞めることに後ろめたさや不 ...

仕事辞めたいけど辞められない新卒へ 4

「仕事辞めたいけど、辞められない」 それは、あなたがそう思っているからです。 転職に向けて一歩でも足を踏み出せば、仕事を辞めることは難しいことではありません。 スポンサードリンク 見出し1 転職活動を ...

仕事を辞める時の言い訳で使える例文集 5

「仕事を辞めたい」と伝える時、ただ「辞めたいです」では相手は納得しないと思います。 相手が納得する真っ当な「退職理由」が必要ですよね。 でも退職理由といっても、ありのままを正直に伝えては後々トラブルに ...

-新卒の転職術

仕事を辞めたい新卒必見!今すぐ仕事を辞めたい人へ!のトップページに戻る

Copyright© 仕事を辞めたい新卒必見!今すぐ仕事を辞めたい人へ! , 2017 AllRights Reserved.