新卒の転職術

新卒の転職でハローワークは使うべき?

更新日:

新卒の転職でハローワークは使うべき?

新卒が転職活動をおこなう時、基本的にはハローワークを使った転職活動はオススメできません。

というのも、ハローワークは第二新卒の優位性を十分に活かすことができないからです。

しかし、状況によっては第二新卒でもハローワークを使った方がいい場合もあります。

この記事では、ハローワークが新卒の転職活動にオススメできない理由や、第二新卒でもハローワークを使った方が良い場合などについて解説します。

ハローワークは転職でも利用できる

就職支援をおこなう公的機関といえば、ハローワークです。

使ったことがない新卒は多いと思いますが、名前自体はほとんどの新卒が知っているのではないでしょうか。

全国各地にあり、あなたの住んでいる地域にももちろんあると思います。

利用しやすいですし、失業給付の申請でもまず最初に行く場所のため、既卒の就職希望者や再就職のために利用されることが多いです。

ハローワークは就職支援だけでなく、もちろん転職支援もおこなっているため、新卒の転職でも利用することができます。

しかし、第二新卒にハローワークを使った転職は、正直オススメできません。

ハローワークが新卒の転職活動に向いていない理由

ハローワークが新卒の転職活動に向いていない理由

ハローワークは、求職者の誰もが利用でき、求人を出す側(企業)も雇用保険さえ加入していれば求人を出せるという特性があります。

そのため、下記のようなデメリットがあり、新卒の転職で利用するにはオススメできません。

ブラック企業の求人が多くまぎれている

前述した通り、ハローワークには雇用保険に加入しているという条件をクリアすれば、どんな企業でも無料で求人を出すことができます。

そのため、求人のチェックはされてないようなもので、なかにはウソの情報を書いて求人を出すブラック企業もいます。

民間の転職エージェントでは、ブラック企業ではないかのチェックを実際にスタッフが訪問したり、離職率を調べたりして行っていることが多いので、こういった転職エージェントに比べれば、どうしてもハローワークの求人にはブラック企業が多くなってしまいます。

もちろん、なかには誠実に求人を出している会社や優良企業の求人もあります。

しかし、第二新卒がそれを見極めるのは難しく、「入社したら雇用条件がまったく違った」というトラブルはよくある話になっているほどです。

大手や人気企業の求人はない

企業は、ハローワークに求人をだすと応募者全員と面接をしなければならないという決まりがあります。

また、求人を掲載する時の手続きは、求人を出したいハローワークの事業所ごとにおこなう必要があります。

こういったことから、多くの応募者が見込める大企業や人気企業は、まずハローワークに求人を出しません。

民間の転職サイトやエージェントに求人を出すと有料にはなりますが、上記にかかる手間やコストを考えると民間に出したほうが良いからです。

第二新卒向けの求人がない

ハローワークは、幅広い年代の求職者に対して求人を紹介しています。

求人によって年齢制限などはありますが、基本的には既卒の求人は全てひとくくりにされています。

そのため、第二新卒向けの求人というものがありません。

第二新卒は転職において有利になることも多いのですが、せっかくの優位性もハローワークでは活かしづらいといえるでしょう。

担当制じゃない

ハローワークでは就職相談や求人の紹介、応募書類の添削など様々な就職支援をおこなっていますが、基本的に担当制ではありません。

そのため、毎度アドバイスをくれる方が違う職員ということもあります。

一貫した支援を受けることができないので、同じことを説明しなくちゃいけなかったり、スムーズに転職活動がすすまないということも起こりえます。

第二新卒でもハローワークを使った方がいい場合

第二新卒でもハローワークを使った方がいい場合

ハローワークは新卒が転職する時には基本的にオススメできませんが、場合によってはハローワークを使ったほうが良い時もあります。

それは下記のような場合です。

雇用保険の失業給付を受ける時

前職を退職した時、雇用保険に一定期間加入していれば失業給付を受けることができます。

この失業給付の手続きはハローワークでしかできません。

ただし、私事都合で仕事を辞めた場合は、給付まで3ヶ月間またなければいけません。

新卒の場合は、退職前に転職先が決まっていれば関係ありませんが、転職先が決まっていないならまず一度はハローワークに行って、失業給付が受けられるか確認した方が良いでしょう。

地方の転職先を探したい時

地方で転職先を探す場合は、ハローワークの方が見つかりやすいかもしれません。

というのも転職サイトや転職エージェントでは、全国カバーしているといってもやはり首都圏や都市部が中心になってしまうためです。

なかには、民間では取り扱っていない地域もあるでしょう。

地方での就職先を探す場合は、転職サイトや転職エージェントと併用しつつ、ハローワークを利用するのがオススメです。

新卒の転職なら、第二新卒専門の転職エージェントを使うのがベスト

転職するなら第二新卒専門の転職エージェントを使うのがベスト

ハローワークを使った転職活動は、第二新卒の優位性を十分に活かすことができず、選べる求人も中小企業にしぼられてしまうため、第二新卒にはオススメできません。

対して、民間の第二新卒専門の転職エージェントであれば、第二新卒向けの求人をあつかっており、第二新卒としてどうアピールすれば良いかのアドバイスも的確です。

担当制のため、ハローワーク以上の丁寧なサポートを受けられることも多いです。

基本は第二新卒専門の転職エージェントを使い転職活動をして、必要に応じてハローワークを利用するのが、転職成功率をあげるベストな方法といえるのではないでしょうか。

当サイトは、現在「転職情報」に関するブログランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

今読まれている記事

成功率大幅アップ!新卒のための転職エージェントランキング 1

初めて転職をする新卒が、他のライバルに負けず自分に合った会社を転職先を見つけるためには、転職エージェントの利用は必要不可欠です。 僕も初めての転職で不安が多く、「またブラック企業に入社してしまうのでは ...

健康面について 2

「仕事を辞めたい!」 「もう限界だ!」 そう悩み続けて仕事を辞めるタイミングがつかめなくなってしまったら、新卒はどうなってしまうのでしょうか? 仕事を辞めたいと悩み続ける負担は大きい 限界と思うほど仕 ...

ヤバイ会社や仕事からは逃げることも重要 3

僕の勤めていた会社が本当にヤバかったので、何度も何度も仕事を辞めようと思いました。 正直いって、僕のいた会社はひどすぎたので参考になるかはわかりません。 ですが、新卒で仕事を辞めることに後ろめたさや不 ...

仕事辞めたいけど辞められない新卒へ 4

「仕事辞めたいけど、辞められない」 それは、あなたがそう思っているからです。 転職に向けて一歩でも足を踏み出せば、仕事を辞めることは難しいことではありません。 転職活動を始めたら話はドンドン前にすすん ...

仕事を辞める時の言い訳で使える例文集 5

「仕事を辞めたい」と伝える時、ただ「辞めたいです」では相手は納得しないと思います。 相手が納得する真っ当な「退職理由」が必要ですよね。 でも退職理由といっても、ありのままを正直に伝えては後々トラブルに ...

-新卒の転職術

仕事を辞めたい新卒必見!今すぐ仕事を辞めたい人へ!のトップページに戻る

Copyright© 仕事を辞めたい新卒必見!今すぐ仕事を辞めたい人へ! , 2017 AllRights Reserved.