仕事を辞めたいと思う会社体験談

休日さえもLINEの返信とFacebookのいいね!作業

更新日:

休日さえもLINEの返信とFacebookのいいね!作業

日曜は一応会社は休みですが、その休日にさえ僕達には”仕事”がありました。

それは上司からくるLINEの返信と、社長のFacebookへの「いいね!」作業です。

休日にもLINEの返信を強制される

営業では連絡のやりとりは主にLINEでしていました。

メールよりも確認しやすく、早く送れるためです。

でもスマホが会社から支給されるわけではありません。

そのため、仕事にも自分のスマホを使わなければいけないのです。

LINEのアカウントは自分のプライベートなIDを教えることになりますので、休日でも容赦なく、上司から連絡がきます。

月曜にやるべきことや、新卒としての心構えみたいな持論を送りつけてくるのです。

最初は「自分のことを考えてくれているのだから」と思って、休日でも真面目に返信しました。

でも、スマホを見ておらず、半日くらい気付くのが遅れた時がありました。

もう夜遅くなってしまったので、月曜日に返信しようと思って、その日は寝ました。

月曜日出勤すると朝一で上司に呼び出されました

先週何かミスったかと思って恐る恐るいくと、「なぜLINEに返信しなかったのか?」と問いただされました。

「レスポンスが遅い」

「社会人を舐めてるのか」

「1時間以内に返信しろ」

むちゃくちゃなことを言われ、怒鳴られました

それから休日のLINEの返信は僕の”仕事”となりました。

社長のFacebook投稿への「いいね!」を強制される

僕のつとめていた会社の独自ルールだと思いますが、「社長のFacebook投稿への「いいね!」を必ずしなければいけない」というのがあります。

これは休日にも適用されます。

だから、日曜の夜には社長のFacebookを開き、タイムラインをくまなく追います。

そして事務的に全ての投稿に「いいね!」をつけていくのです。

まったく「いいね!」と思っていなくてもです。

これも休日の僕の”仕事”でした。

もちろんサボることは許されません。

誰がチェックしているのかわかりませんが、「いいね!」が漏れていれば上司経由で、週明けに「ふざけてんのか」と注意が入ります。

ちなみに、外出先からの電話も自分のスマホからとなるので、月の通信料と通話料は、あわせて毎月平均30,000円ほどかかっていました。

-仕事を辞めたいと思う会社体験談

Copyright© 仕事を辞めたい新卒必見!今すぐ仕事を辞めたい人へ! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.