仕事を辞めたいと思う会社体験談

新卒の僕が仕事を辞めたいと感じたきっかけ

投稿日:

新卒のわたしが仕事を辞めたいと感じたきっかけ

新卒で入社初日。

職場の雰囲気がどこかおかしいと感じました。

必要以上に喋らず、活気がないというか、仲が悪いのか、何かおかしい雰囲気だなと思ったんです。

でもはじめて入った会社ですから、「職場というのはこういうのが普通なんだ」とすぐ思い直しました。

入社からしばらくは「辞めたい」より「おかしい」だった

僕の入社した会社は新人研修はなく、すぐに現場で先輩のもとにつき、教えてもらいながら働くというスタイルでした。

先輩ははじめから厳しく、ミスをした時、「何やってんだよ」と背中をこづかれました

でも、それほど強い力でもなかったし、「ミスをする自分がいけない」「これもコミニュケーションなのかもしれない」と思い、最初のうちは気にしませんでした。

また独自の社内ルールがありました。

社長のFacebookにはいいね!をしなければいけない、休日中も先輩の連絡には絶対にこたえる、新卒の飲み会やイベントへの参加は絶対などです。

今思えば、おかしいとわかるのですが、疑問に思いつつも、入社すぐということもあり、「きっとこういうもんなんだ」と自分に言い聞かせました。

仕事は会社の飲み会の時以外は、毎日22時までは帰れませんでした。

先輩方が帰るまで、新卒の僕達は帰れる雰囲気ではなかったのです。

適当に仕事を任されて、終電まで帰れない日もありました

「仕事を辞めたい」と感じたきっかけ

明らかにおかしいと感じ始めたのは入社後1ヶ月ほど経った後です。

僕はストレスと過労で熱をだしてしまいました。

会社に休みの電話をすると、「働けるかどうかは俺が判断するからこい」と言われました。

信じられないと思いましたが、仕方なくもうろうとする頭で会社に出勤しました。

結局「会社にこれるじゃないか」とだけ言われ、22時まで帰れませんでした。

「このままではいつか倒れる」

「こんな仕事辞めたい」

それまで、おかしいと思っていることはあったけど、新卒だし、会社とはこういうものだと言い聞かせてきました。

でも、その時にはじめて「仕事を辞めたい」と強く感じるようになりました。

勤務時間が400時間をこえても残業代なし

そして給料日が来ました。

振り込まれたお金は最初に求人にでていた内容とは、まったく違いました

振り込まれたお金は18万円。

これだけ見れば普通の給料かもしれません。

でも、そもそも求人には「新卒でも月40万円も可能」と書いてあったはずです。

入社初月から土曜日も基本的に出勤させられ、その月の勤務時間は350時間をこえていました。

つまり、「月40万も可能」という数字は、ほとんどインセンティブによるもので、基本給は18万円ということだったんです。

そして、残業代がまったく含まれていなかったのです。

残業代のことを先輩にぽろっと言ってしまった時には、「会社に利益をもたらしていないくせに一丁前なことをいうな」「勉強させてもらってるんだから当然だろう」と怒鳴られました。

結局、辞めるまで勤務時間が400時間をこえる月もありましたが、給料が18万円をこえることはありませんでした。

-仕事を辞めたいと思う会社体験談

Copyright© 仕事を辞めたい新卒必見!今すぐ仕事を辞めたい人へ! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.