今すぐ仕事を辞めたいけど不安

仕事を辞めたいほどのストレスを放おっておくのは危険

更新日:

仕事を辞めたいほどのストレスを放おっておくのは危険

仕事を辞めたいと思うほど大きなストレスを抱え続けると、様々な健康被害を引き起こします。

僕も前職では神経性胃腸炎になりましたし、うつ病で辞めていく人も見てきました。

こういった仕事のストレスによる症状がでるのは、新卒の場合、就職後6カ月以内が多いと言われています。

入社後半年以内でも、強いストレスで身体や精神に異常がでたり、仕事を辞めたいと思うことは不思議ではないのです。

さらにはそのストレスを放おっておくと、最悪入院や命に関わることもあります。

仕事のストレスが引き起こす症状とは?

仕事を辞めたいと思うほど悩むということは、強いストレスであることは間違いないでしょう。

そういったストレスを放おっておくと、初期症状として下記のような症状が現れます。

  • 仕事に集中できない
  • ずっと不安がある
  • 寝付きが悪く熟睡できない
  • いつもダルい
  • 悪夢をよくみるようになった
  • 物事への関心がなくなってきた
  • 休日でもやる気がでない

こういった精神的な症状が現れると、身体にも症状がでてきます。

  • 胃痛
  • 腹痛
  • 下痢
  • 頭痛
  • アレルギー症状
  • 謎のかゆみ
  • 肌荒れ・ニキビ
  • 食欲低下
  • 食欲増進
  • 歯ぎしり

こういった症状は小さなものなので、なかなか気づきにくいものです。

しかし、放おっておくとうつ病などの精神疾患や、神経性胃腸炎、胃潰瘍、心筋梗塞などの身体疾患につながる可能性があります。

さらには、過労死や自殺を引き起こす可能性もあるのです。

仕事によるストレス症状への対策は?

仕事によるストレス症状への対策は?

ストレスは放おっておかず、まずはこまめにストレスを発散する意識を持つことが大切です。

基本的には好きなことをするのが一番ですが、下記のようなことはストレス発散に効果的です。

  • 好きなものや美味しいものを食べる
  • 音楽を聞く
  • 映画を見に行く
  • DVDを借りる
  • 運動する
  • 大掃除をする
  • 愚痴を聞いてもらう

こまめなストレス発散で症状がなくなるのであれば良いと思います。

しかし、それでも改善されない場合、根本的な原因を解消するほかありません。

適度なストレス発散でどうにもならない時は、仕事を辞めるのも一つの方法です。

特に新卒なら、いくらでも転職してやり直しがききますよ。

仕事のストレスで状態が悪化するようであれば、そこまでして居続けるべき会社なのかどうか、一度考えてみることをオススメします。

-今すぐ仕事を辞めたいけど不安

Copyright© 仕事を辞めたい新卒必見!今すぐ仕事を辞めたい人へ! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.