第二新卒について

企業が第二新卒を歓迎する意味を理解して転職を成功させよう

更新日:

求人サイトなどをちょっとのぞくと、第二新卒歓迎という求人を見かけることがありますよね?

あの募集は言葉の通りですが、その募集の裏には企業の隠れた意図があります。

仕事を辞めたいと考えている新卒の方は、これから第二新卒になる可能性がありますよね?

そういった方が転職する時に、役立つ参考材料となる情報をまとめたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

企業が第二新卒を歓迎する意味を理解して転職を成功させよう

企業が第二新卒を歓迎する意味とは?

近年は新卒入社した会社を3年以内に辞めて、転職をする人はドンドン多くなっています。

つまり世間でいうところの第二新卒が増えている状況です。

しかし若くて将来性もありそうな第二新卒は、人手不足の企業からすれば手に入れたい存在といえます。

実際に企業側でも、第二新卒を歓迎する求人はたくさんありますからね。

しかし「第二新卒だったら誰でもいいのか?」というと、決してそういうわけではありません。

一般的には第二新卒を募集する企業は、次のような期待をこめて第二新卒を募集しています。

現在転職活動中の方や、仕事をやめたくて悩んでいる新卒は参考にしてくださいね。

  • 社会人経験があって、新卒のように教育の手間と費用がかからない。
  • ある程度は即戦力として期待もできる。
  • まだまだ若いので、新卒と同じように育てやすい。
  • まだまだ若いので、覚えも早くて将来も期待できる。

上記を踏まえたうえで、すぐに会社を辞めない忍耐力や我慢強さも求めています。

第二新卒は理由はどうであれ、3年以内に会社を辞めた事実があります。

ですので具体的なエピソードを交えるなど、退職した理由を説明できないと企業は不安になりますよ。

これらを踏まえると、第二新卒歓迎の本当の意味は次のようになります。

  • できれば25歳前後までの若い人を望む。
  • ある程度の社会人経験があり、戦力としても期待がもてる。
  • 素直さがあり自社の雰囲気にもなじめそう。
  • 我慢強さがあり、前職をやめた理由も明確。

もちろん全ての条件を満たしている必要はありません。

ですが企業が第二新卒を募集するとき、上記のような人材を探していることは事実です。

第二新卒歓迎の大手求人もたくさんある

規模のおおきな求人サイトや、マイナビジョブ20'S といった転職エージェントなら、第二新卒歓迎の大手求人もたくさんあります。

大手企業も昔とくらべて、第二新卒を歓迎する風潮が高まっていますからね。

もちろん大手企業への転職は、ハードルが高くて簡単にはできません。

しかし上手く第二新卒枠で転職して、大手企業へステップアップしていく人も一定数いますよ。

30代の第二新卒でも歓迎してくれる企業はあるのか?

第二新卒の明確な定義はありませんが、一般的には普通に大学を卒業して1~3年である25歳くらいまでを指します。

なかには20代までを第二新卒と定義する企業もありますが、30代の方が第二新卒扱いされることは基本的にありません。

30代という年齢は、第二新卒歓迎の企業からすれば年齢オーバーです。

例えあなたが就職してから1~3年未満だったとしても、関係ありません。

日本の多くの企業は若い人材を求めているので、30代では相手にされないことが多いんです。

30代の第二新卒でも歓迎してくれる企業はあるのか?

じゃぁなんで「第二新卒歓迎」といった、まぎらわしい募集をするのか!? と思いますよね。

ですがこれは、雇用機会均等法という法律のせいです。

この法律のせいで、「25歳くらいまでの第二新卒を募集」といった書き方ができないんです。

だからこそ求人募集では、「第二新卒歓迎」とか「平均年齢25歳」、もしくは「20代が活躍中の職場です」といった表現になるんです。

つまり30代は第二新卒の扱いではなく、原則的に中途採用枠での勝負になります。

ですので転職する時は、「30代が活躍中」といった募集文句の会社を探すのが無難です。

ただしこういった細かい問題は、ひとりで解決しようとすると時間がかかります。

登録は面倒かもしれませんが、type転職エージェント のように30代でも利用できる、転職エージェントを使い倒すのがオススメです。

第二新卒歓迎の企業へ転職を成功させる方法とは?

第二新卒歓迎の企業へ転職するために大切なことは21つです。

それは・・・第二新卒歓迎の意味を理解しているということ。

つまり、募集している条件にあった人材であるということです。

  • 社会人として1〜3年の経験がある。
  • 年齢は25歳前後まで。
  • 多少なりとも戦力になると見込める。
  • 退職した理由を説明できる。

特に、年齢と退職理由は大切です。

本質をいえば、この2つさえ満たせていれば転職が成功する可能性はかなり高くなります。

一般的に第二新卒は、まだまだ若くてチャンスにもあふれています。

最初に入社した会社をやめても、大手企業や最初よりイイ企業に転職できる可能性はあります。

ただしその為には、ウズキャリ第二新卒 マイナビジョブ20'S など、転職エージェントの活用が必要不可欠です。

もし新卒入社した会社を辞めたい・・・と考えている方は、これらのサービスも使って転職を成功させてくださいね。

当サイトは、現在「転職情報」に関するブログランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

今読まれている記事

成功率大幅アップ!新卒のための転職エージェントランキング 1

初めて転職をする新卒が、他のライバルに負けず自分に合った会社を転職先を見つけるためには、転職エージェントの利用は必要不可欠です。 僕も初めての転職で不安が多く、「またブラック企業に入社してしまうのでは ...

健康面について 2

「仕事を辞めたい!」 「もう限界だ!」 そう悩み続けて仕事を辞めるタイミングがつかめなくなってしまったら、新卒はどうなってしまうのでしょうか? スポンサードリンク 見出し1 仕事を辞めたいと悩み続ける ...

ヤバイ会社や仕事からは逃げることも重要 3

僕の勤めていた会社が本当にヤバかったので、何度も何度も仕事を辞めようと思いました。 正直いって、僕のいた会社はひどすぎたので参考になるかはわかりません。 ですが、新卒で仕事を辞めることに後ろめたさや不 ...

仕事辞めたいけど辞められない新卒へ 4

「仕事辞めたいけど、辞められない」 それは、あなたがそう思っているからです。 転職に向けて一歩でも足を踏み出せば、仕事を辞めることは難しいことではありません。 スポンサードリンク 見出し1 転職活動を ...

仕事を辞める時の言い訳で使える例文集 5

「仕事を辞めたい」と伝える時、ただ「辞めたいです」では相手は納得しないと思います。 相手が納得する真っ当な「退職理由」が必要ですよね。 でも退職理由といっても、ありのままを正直に伝えては後々トラブルに ...

-第二新卒について

仕事を辞めたい新卒必見!今すぐ仕事を辞めたい人へ!のトップページに戻る

Copyright© 仕事を辞めたい新卒必見!今すぐ仕事を辞めたい人へ! , 2017 AllRights Reserved.